細かな情報を大きく取り上げて情報発信を行っています

記事クジラ

美味しいコーヒー入門書

コーヒーフィルターで紙とステンレスの違いは?味やコスパも比較!

更新日:

左側は紙フィルター、右側はステンレスフィルターの写真

こんにちは!聖士です。

コーヒーフィルターと言っても素材から形まで色々な物があって悩んでいませんか?

私は、何もわからないままコーヒー豆をスーパーで買ってきて、

美味しくないな…」

と思いながら自分で淹れたコーヒーを飲み続けて悶々としていた時期が長くありました。

そのような経験を経て、

「どうすれば美味しいコーヒーを淹れることができるのだろう?」

という思いでたどり着いたのが、コーヒーフィルターの違いです。

15年以上コーヒーを飲み続けて試行錯誤した結果、私が辿り着いたおすすめは「ステンレスのプレス式コーヒーフィルター」なのですが、最も一般的に使われる紙フィルターとは、味やコストなど様々な角度で違いがあるんです。

そこでこの記事では、ステンレスプレス式フィルターとペーパーフィルターを比較して

  • コーヒーの味の違い
  • コスト(費用)の違い
  • 淹れる手間や淹れる時間の違い
  • 場面ごとの使い分け方の違い

についてそれぞれ解説していきます。

何より、この記事を読んで、コーヒーフィルターの違いを活かし方を知れば、美味しいコーヒーを簡単に淹れることができるようになります!

自分だけでなく、お友達などご家庭へのお客様にも「コーヒー美味しい!!」と言ってもらうためにも、ぜひこの記事でコーヒーフィルターの違いを覚えていってくださいね。


コーヒーフィルターの種類として代表的な「紙」と「ステンレス」の違いを解説!

コーヒーフィルターと一言いっても、フィルターの素材が異なる商品が沢山売られています。

主流なのが「紙フィルター」と「ステンレスフィルター」と呼ばれる二つのものです。

これらについて、以下では味、コスパ、淹れる手間や時間の観点で、違いを解説していきます!

フィルター素材の特性によって味に違いが出る

紙フィルターはコーヒーの粉をしっかりフィルターで吸収してさっぱりとした味になる

私が、細かく挽かれているコーヒー豆をステンレスフィルターで淹れたとき、コーヒーの粉がカップに一杯入ってしまって、上手にコーヒーを淹れがられなかった経験があります。

コーヒーに粉っぽさが出てしまい、まずいコーヒーになってしまいました。

これが、細かく挽いたコーヒー豆を、紙フィルターで淹れると、細かいコーヒーの粉をしっかり受けてくれるため、粉っぽさを感じさせず、さっぱりとした美味しいコーヒーを入れることができたのです!

紙はとってもフィルターの目が細かいので、細かく挽いたコーヒー豆には最適です。

ただ、さっぱりしたコーヒーを飲むには紙フィルターが最適ですが、紙フィルターはコーヒー豆の油分も吸収してしまうので、重みのあるこってりとしたコーヒーを味わうことはできません。

ステンレスフィルターはコーヒー豆の油分を抽出でき本来の味を引き出す

粗挽きで挽いたコーヒー豆をステンレスフィルターで淹れると、コーヒーの油分がしっかりとコーヒーに入ります。

この油分によって、本来のコーヒー豆の味を十分引き出した、重みのあるこってりとしたコーヒーの味になり、私はコーヒーに飲みごたえを感じます。

私は重みのあるこってりとした、コーヒーの味を味わうようになってから、コーヒー豆の違いに一層興味が沸くようになりました。

コーヒー豆の違いをしっかりと引き出すためには、ステンレスフィルターが一番です。

ただし、細かく挽いたコーヒー豆は、油分も抽出しずらく、ステンレスフィルターでは取り切れない細かいコーヒーの粉ががカップに出てしまいます。

フィルターの素材によるコスパに違いがある

紙フィルターの場合、100枚で200円~400円位、ステンレスフィルターの場合、2000円位で購入できます。

200円の紙フィルターを使って毎日コーヒーを3杯程度飲んだ場合、年間2400円となります。

ステンレスフィルターは基本的にずっと使えるものなので、一度購入すれば良いですからステンレスフィルターが2000円と考えた場合、毎日コーヒー飲む人であればステンレスフィルターの方がコスパが高いですね!

ただし、ステンレスフィルターの場合は、淹れ終わった後、洗浄が必要です。

洗浄を怠ると劣化が早くなってしまいます。

洗浄については後述しますね。

淹れる手間や淹れる時間に違いがある

紙フィルターの場合

私が紙フィルターを使用する場合、以下の手順で淹れます。

[淹れる手順]

  1. フィルター受けに紙フィルターをセット
  2. 紙フィルターに挽いた豆を投入
  3. 豆の上から熱湯を注ぐ
  4. コーヒーの出来上がり
  5. 紙フィルターごとコーヒー豆を捨てる
  6. 紙フィルター受けをさっと水で流す

この手順であれば、淹れた後に紙フィルターごと捨てればよいので、私は気にっています。

[淹れる時間]
紙フィルターは1人分~2人分淹れることができます。

購入した紙フィルターの説明に最大4人分と記載されていても、私は2人分しか淹れません。

なぜかというと、時間が経つにつれてコーヒー豆が膨張し、お湯がフィルターを通っていかなくなってしまい淹れるのに、10分位かかってしまうからです。

ゆっくりコーヒー豆をお湯が通って行くから良いという人もいますが、実際に4人分紙フィルターで淹れて疲れましたので、お勧めはしません。

ステンレスフィルターの場合

ステンレスフィルターは、紙フィルターのようにフィルター受けに紙をセットするようなひと手間はなく、一度に4人分のコーヒーを楽々淹れられるので、私は頻繁にステンレスフィルターを使います。

私がステンレスフィルターを使る場合は、以下の手順で淹れます。

[淹れる手順]

  1. ステンレスフィルターに粗く挽いた豆を投入
  2. 豆の上から熱湯を注ぐ
  3. コーヒーの出来上がり
  4. ステンレスフィルターに残ったコーヒー豆を捨てる
  5. ステンレスフィルターに残った細かいコーヒー豆の残りをブラシなどで取り除く
  6. ステンレスフィルターを流水でよく流す

[淹れる時間]
ステンレスフィルターの場合、1人分~5人分淹れることができ、5人分淹れる場合も、4分で淹れることができます。

実際に5人分を4分でお客様にお出ししたときは、あまりの速さで、お客様に驚かれたこともありました。

とっても楽なので、私はステンレスフィルターを常用していますよ。

コーヒーフィルターの選び方はコーヒー豆とセットで考えるのがポイント!

この記事を読んでくださっている方たちであれば、これからどんなフィルターを使ってみようかなと思っているかもしれません。

お試しで、スーパーにある粉状のものを購入する場合は、紙フィルターをお勧めします!!

なぜなら粉状のコーヒー豆は目詰まりしやすく、ステンレスは少しメンテナンスが大変になるからです。

紙フィルターであれば、淹れ終わったコーヒー豆を紙フィルターごと捨てれば良いだけですから簡単ですよ。

コーヒー豆を自分で挽いてみよう思うのであれば、ステンレスがいいですね!

紙フィルター、ステンレスフィルターと順にステップアップしていくと味の違いが分かるので、色々なフィルターを試してみたいという人にはお勧めです。

私は、最初からコーヒー豆を自分で挽くスタイルでしたのでステンレスフィルターにして、その後紙フィルターも楽しみました。

コーヒーフィルターの場面別の使い分け方は?紙とステンレスどっちがいいか解説!

具体的に、どのような場面でコーヒーフィルターの特徴を活かした使い方ができるのか、実例を挙げて解説します。

コーヒーを一人でじっくり飲む場合

一人でじっくりと味わうのもいいですね。一人分であれば紙フィルターでもステンレスフィルターでも淹れる時間はそれほど変わりません。

私はあえて紙フィルターで少しずつコーヒー豆に熱湯を注いで、コーヒーの香りを一人で楽しみながら淹れます。

ゆったりとした時間が感じられますのでとってもおすすめです!

コーヒーをみんなでワイワイ飲みたい場合

4人位の友達が自宅に遊びに来て、コーヒーをもてなすのであれば、ステンレスプレス式フィルターがおすすめです。

プレス式フィルターであれば淹れるのに時間はかかりません。

コーヒーと、コーヒーに合うお菓子をさっと出しせばお友達を待たせることなく、友達との楽しい時間を満喫してください!

スーパーで買ってきたコーヒー豆の粉を使う場合

私はスーパーで買ってきたコーヒー豆は紙フィルターで淹れます。

安いコーヒー豆でも美味しく淹れることができますよ。

安くても美味しいコーヒー豆は沢山ありますので、色々試して自分に合うコーヒーを探し出すのも楽しみ方のひとつです。

面倒なのは嫌だけどコーヒー豆を買って飲みたい場合

お手軽にコーヒーを淹れたいときは、既に挽いてある粉状のコーヒー豆を買って、紙フィルターで淹れます。

淹れ終わった後も紙フィルターごとコーヒー豆を一緒に捨てて、後片づけも簡単!

私は、二人前程度のコーヒーを紙フィルターで淹れ、保温性がある水筒に入れて持っていくことが良くあります。

紙フィルターで簡単に淹れるから水筒に合うのです。自分で挽いて淹れる場合、じっくりコーヒーを飲みたいですから、水筒には合いません。

紙コーヒーでさっと淹れて、外出でも淹れたコーヒーを楽しみましょう。

まとめ

紙フィルターとステンレスフィルターの違いを要約すると、以下のようになります。

紙フィルターは

  • 雑味も酸味もスッキリした味になるが、安いコーヒー豆でもそれなりに美味しいコーヒーを淹れることができる。
  • コスト(費用)は使い捨てであるためランニングコストは高くなる。
  • 一度に淹れらるコーヒーが二人分であるため、人数が多くなると淹れる手間や時間がかかる。

ステンレスフィルターは

  • コーヒー豆本来の味を引き出す。高級なコーヒー豆は本来の味を楽しむべき。
  • コスト(費用)は初期投資は紙フィルターより高めだが半永久的に使えるため長く使えばコスパが高い。
  • 一度に5人分淹れることができるので、人数が多くても対応できる。

お友達やお客様に美味しいコーヒーを淹れてあげればとっても喜ばれます。

上手にフィルターを使い分けて、ぜひ楽しいコーヒーライフを!!

-美味しいコーヒー入門書

Copyright© 記事クジラ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.